本文へスキップ

The 26th Symposium on Biomedical-Analytical Sciences          2013年 8/2(金)〜8/3(土)

ごあいさつ

 
 本シンポジウムは1973年に「生体成分の分析化学シンポジウム」として発足し、第14回に「バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS)」と改め、次年度第26回目(41年)を迎える伝統ある会であります。
 本シンポジウムは病気の診断と治療を目的としたバイオメディカル分野において、伝統的な臨床化学や病態解析としてのバイオイメージング、さらに創薬研究における薬物動態などの最先端研究について、薬学研究に携わる産官学の研究者や学生が議論するシンポジウムです。
 今回は、本シンポジウムの原点回帰として、「医療に貢献する分析化学」と題して、2つの特別講演と4つのシンポジウム、そして一般演題(口頭、ポスター)からなる講演を予定しています。期間は2013年8月2日(金)と3日(土)の二日間の予定です。本会は、前回同様にバイオアナリシスフォーラム(JBF)との共同開催です。製薬企業の活気ある研究と共に、これからの医療に貢献する分析科学を模索し、発展する場として本シンポジウムが実りあるものになることを期待しております。




第26回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2013)
実行委員長 荒川秀俊 (昭和大学薬学部)




第26回バイオメディカル分析科学
シンポジウム 事務局
E-mail: bmas2013@pharm.showa-u.ac.jp


〒142-8555
東京都品川区旗の台1-5-8
昭和大学 薬学部 物性解析薬学講座
臨床分析化学部門 担当:唐沢
TEL.03-3784-8194
FAX.03-3784-8247